医療レーザーを受けるメリット

医療レーザー脱毛は、その名の通り皮膚科などの医療機関で受けられます。エステサロンでも光脱毛機器などを使用した施術を受けられますが、医療レーザーで使用される機器との違いは照射の力です。医療用レーザーは照射パワーが強く、施術後に効果を感じられるまでの期間が短いのが特徴。施術を受ける人の体質によって異なりますが、5回から8回程度の通院を行うのが平均的です。通院の頻度は1か月半から2か月おきですが、毛周期に合わせて施術を行うと効果的と言われます。一方、エステでの施術だと施術範囲にもよりますが、数年間の脱毛期間が必要になる場合もあるようです。

施術時に痛みはあるの?

エステサロンの脱毛は、施術の際に痛みを感じにくいメリットがあります。その分ムダ毛に対するアプローチは弱く、前述した通り施術期間が長くなりがちです。逆に、医療レーザーは出力が高いため、個人差はありますが痛みを感じる場合があります。強力なレーザーによりムダ毛の幹細胞を破壊し、長期間に渡り再生させない施術です。つまり、痛みの分だけ効果は高いと言えます。しかし、施術は医療機関で行われるため、麻酔によって痛みを軽減させられるのも特徴のひとつです。麻酔は吸入するタイプのものと、皮膚へ塗るタイプなどがあります。どちらも危険性が低いと言われていますので、痛みが気になる人は、診察時に伝えると良いでしょう。

施術に掛かるコストについて

医療レーザーは一度の施術にかかるコストがエステ脱毛よりも高めです。ただし、エステの場合は自分が納得する効果を得るまでに長期間かかり施術回数が増える場合もあります。料金で迷うなら施術完了までのコストを考えながら選択しましょう。

医療レーザー脱毛を新宿の周辺で行うことのメリットとして、新規の契約者を対象とした格安のプランが導入されているクリニックを選びやすいことがあります。