脂肪細胞を溶かすことで小顔になれます

小顔になる美容整形の代表的なものは脂肪溶解注射です。脂肪の細胞を溶かすことで顔を小顔にすることができる施術法です。そもそも顔の大きさというのは骨格の大きさも原因ですが、それ以上に脂肪の量が大きく関わってきます。骨格であれば何をやっても大きさを変えることはできませんが、顔の脂肪を減らすことは可能です。しかしながら、顔の脂肪だけを落とすことは非常に難しく美容整形以外では対処できません。そこで登場するのが脂肪溶解注射です。脂肪を溶かす作用をする特殊な成分を顔に注入して直接溶かしていきます。この施術はダウンタイムがほとんどありません。痛みについても通常の注射と同じくらいです。心配な人は麻酔クリームを塗布することを希望すれば良いです。これで痛みが感じることはなくなります。

施術を受ける上での注意事項があります

脂肪溶解注射を受ける上で注意点があります。まずこの美容整形は繰り返し受ける必要があります。1回の注射で完了というわけではなく2週間程度の期間を空けて、繰り返し注射します。また、その効果は漸次的であり、徐々に効果があらわれるタイプの美容整形です。そのため、即効性は高くありません。施術を受けたらすぐに小顔を実感できるわけではないということです。1回分の注射の効果はおよそ1ヶ月後にあらわれてきます。一般的には施術を全部で4回受ける必要があります。注射をするたびに脂肪が溶けていく量が増えていくので、2回目か3回目あたりで小顔効果を実感できます。施術後のメイクについては、基本的に当日から可能です。洗顔も入浴も同様に問題ありませんが、入浴時間が長すぎると血行が良くなって腫れやすい状況になります。長時間の入浴は避けましょう。

脂肪溶解注射が導入されているクリニックでは、皮下脂肪の悩みを解消したい患者を対象としたカウンセリングが行われており、納得のゆくまで施術の内容について理解を深めることが良いでしょう。