早めのケアで薄毛に対処

女性も年齢とともに毛量が減ります。特に40代を過ぎると、薄毛に悩んでいる人も多いよう。早ければ30代、だいたい50代には、髪で悩むことが増えてきます。というのも、髪のボリューム感だけで、見た目の若さが全然違うからです。そこで大切なのは、年齢や髪、頭皮に合わせたヘアケアを早く始めることです。

髪の毛が抜ける理由とは

30代をピークに女性ホルモンは減少していきます。それに合わせたように、髪の太さも、どんどん細くなります。ただ、髪が抜けるだけでなく、髪の毛が細くなることで、薄毛が目立ってくるのです。また、ホルモンバランスの乱れによって、男性ホルモン「DHT」が増加します。それが、毛包幹細胞に間違った情報を伝えることで、髪の毛は、次の髪が生える準備を待たずにどんどん抜けたしまうのです。これが抜け毛の原因になります。

仕組みを知ってヘアケアに活かしましょう

髪の種を生み出す部屋の環境を整えることで、毛包幹細胞が生まれ、髪の毛を支えながら毛母細胞がしっかりとした髪の毛を作ります。幹細胞の部屋で、髪の成長を助けるのが注目のリデンシルという成分。さらに、幹細胞研究によって誕生した植物由来の幹細胞がヘアサイクルを整えます。髪によい成分を積極的に使うことで、健やかな髪が誕生します。また、頭皮の血行を促すことで、ヘアケアを補う栄養成分を細部に行き渡らせることができます。そのため日頃からお風呂でシャンプーした後、お湯に浸かりながら頭皮をマッサージする習慣づけるようにしましょう。

発毛効果が現れるまでの期間は、各自の頭皮の状態や体質などによりますが、早期に皮膚科や美容外科などの専門医の診断を受けることが有効です。